走れ!プント(くん)
プントの記録、そば打ち日記、気が付けば週5日そば生活
その他にも北欧デザインなど・・・
あんなこと、こんなこと・・・
気が向いた時、日曜更新が多いかな!?

Search
Calenda
<< January 2021 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
Tags
Archives
Syndicate
Admin
kugiri.gif
kugiri.gif
cafe.gif
kugiri.gif
F1
昨夜は今年の最終戦ワールドチャンピオンが決定!

なんですが・・・昨日は髪切りに行ったり、なんやら、ぼ〜〜っとして睡魔に襲われ、
がんばってはみたものの中盤に寝てしまいました。爆笑


ベッテルになりましたか〜、そんな気がしつつも、えっええ・・・な展開だったらしい。


とりあえず、これから観るぞ!

結果は分ってるけどプロセスをちゃんと観ておかないとっ。

ルノーって直線早いんだな〜、
Fダクトだけで、こんな違うの!?!?
エンジン規制があるにせよ昨年とは別物じゃない!?

来年以降どうなるんだろう・・・チーム完全売却って噂も。。

落ち着いたような・・・
なんとか風邪っぽいのも落ち着いたような・・・
最近の休みは、北欧デザイン満載でしたが、今週は一休み。

今後の仕事に必要な書類作成が終わったらもう夜だ。
送るものは送ったので・・・あとは進展を待つのみ。
一息ついたら・・・・

あ〜温泉に行きたい。

あ〜イルカみたい。

あ〜海行きたい。

あ〜山行きたい。

こんな事ばっかり脳内でグルグル回ってます。
現実逃避してるだけなのか・・・


そうそう、昼にタイヤの空気圧を調整したので試運転でもしてくるかな。
本日の設定は、F2.4 R2.2 ちょっと高め(165/70/14にしては相当高い!?)

プントくんは、リア周りがどうしても複合的高速コーナーでグニャっとするので高めの設定にしてます。
これだけで、かなり落ち着いてくれています。

標準値では、前後の差が0.1なので、Fは0.1低くても良いかな・・・
R2〜2.2がベストのようなので、それに併せてFを詰めてみたいと思います。

しかし、自宅で空気圧調整が出来るって便利ですな〜。
かなりうるさいけど。

風邪引いたらしい/密かな楽しみと癒し
最近めっきり寒くなり、社内でも風邪がはやっている。
左も前も後ろも・・・離れた席でも咳やマスクをした人だらけ。
今夜帰宅してから、くしゃみが止まらない!
もしかしたら、移されたのかも・・・早く寝よう。

会社ネタついでに面白ネタを。
今年の夏よりサンシャイン水族館がリニューアルのため閉館となってます。
いまの会社は池袋のサンシャイン60内なのですが、水族館が入るビルは別棟低層階のため、上から見下ろすように屋上が望めます。

そこにはなんと、ペンギンの小屋、アザラシやトドの小屋があるんですね〜!
いつも、とっても小さくですがペンギンがうろちょろしているところが見えたり、トドがトレーニングをしていたり(手だけちょこと見える)、
たま〜に屋上散歩をしていたり、観ているだけで心が癒されるんです。

昨日は、飼育員さんと、アザラシ?が遊んでるじゃないですか!!
トレーニングじゃなく本当に遊んでる様子。
どんな遊びか!?
子供の頃にだれもがやる、あ・の・あ・そ・び です。

なんとなんと”隠れんぼ”をしてたんです!
飼育員さんが、建物の陰に隠れるとアザラシがキョロキョロしながら探し、見つけるとジャレて、また飼育員さんが隠れて・・・繰り返し・・・
何度目かに、アザラシが拗ねてベタっと伏せってしまいました・・・まるで子犬のような反応に驚きました。
まさか、こんな生態があるとは知りませんでした。

飼育員さんのイジ悪!?で、走って離れると・・・慌ててアザラシもダッシュで追いかけ小屋の陰に・・・。

ほんとうに、とっても可愛いくて癒されます。
あ〜毎日癒されたい・・・
そんな訳でもう寝ます。
なんちゃってFIAT(自転車)
プントくん購入を期に、計画していた「なんちぇってFIAT自転車」がとうとう完成!
自分で言うのもなんですが、なかなか良い感じです!
あくまでも「なんちゃって」として・・・で、こんな感じになりました。
R0012749.jpg
R0012750_2.jpg
これが全体です!ぱっと見、なかなかキマってます!
このロゴは、イタリア自動車雑貨店で購入したモノで、1970年代~80年代にラリー大活躍した124や131に貼られていロゴだそうで、ちょうど良い年代かな〜と。この段差と色味もロードバイクに似合ってカッコ良し!と勝手に思ってます。
ただ、ちょっとデカイので左右シンメトリーで貼れません・・・そこで敢えてブロック一つ分ズレてます。これもなんちゃって故の宿命かも。2枚目の写真は拡大したところ、白いブロックAのところは、フレーム下まで回り込んでます。ほとんど見えないです。こんなところも「なんちゃって」の証。勝手に納得。
シートチューブのチャンピオンラインもイタリアンな雰囲気を助長してます。一応、本物のカンパチョーロ製シールだから質感もなかなか良いです。いい味出してます。
mark.jpgヘッドとシートチューブにもFIATロゴを付けました。なんとなく本物チック!?
なんちゃってだと一目で解るように!?わざと年代の違うロゴにしてあります。そこはご愛嬌で・・・。
知らない人からみると普通だけど、知ってる人からみると笑えるかも。
完全に本物と思わせるレプリカ(自転車はないけど)、といかにも偽物と分るなんちゃって仕様どっちも楽しそう。


ごらんの通り、結構旧いロードレーサーです。かれこれ20年経つご老体ですが、そこそこ奇麗な状態です。サイクリング程度ならフレームも問題ないです。
このロードレーサーは、日本のミヤタ製セミオーダーフレーム(アルミポリッシュにクリア塗装)に好みのパーツで組んだ世界に一台しか存在しない仕様だったり・・・!!。
具体的には、こんな仕様になっています。


parth.jpg なんちゃって仕様のロードレーサー(バイク)とはいえ、ちゃんとしたパーツ使ってます。80年代のツールドフランスにそのまま走ってそうな(それは大げさ)、チネリのステム、マービックGP4のチュービラーリム、セライタリアのサドルはターボマチック、あとは・・・ヂュラエース、シュパーブ、などなど、80年代ロードレーサーらしいコンポパーツで組んであります。購入して丸20年にしては奇麗でしょう!?


イタリア、フランス、日本のパーツてんこ盛り、途中サンツアーが倒産?買収?され、いまでは中国か韓国で普通の自転車部品メーカーになってしまいましたので、リアディレーラーは、ぱっとみシュパーブですが、シマノヂュラエース7400系とのハイブリットを自作しています!
ここが世界に一台と言い切る証拠!きっぱり。

しかし最近のロードレーサーはゴツイですね・・・そもそもロードバイクっていうのか最近は・・個人的には、この位の旧い年代の方がパーツの素材感など職人的で人間味があって、いかにも自転車!って雰囲気が好きなんですけどね。

こんな感じで完成!
KIRAMEKI -きらきら瞬くフィンランドの星-
先週末に続き、またまたフィンランドのデザインに触れてきました。
KIRAMEKI -きらきら瞬くフィンランドの星- 展は、HIRAMEKI DESIGN X FINLAND に参加する若手注目デザイナー、AIKA FELT WORKS(フェルト)/RENATA JAKOWLEFF(グラス)/SAANA JA OLLI(テキスタイル)の3組が、五反田にある北欧雑貨ショップKirupputoriさんでサテライトイベントとして開催された企画展。

Kirupputoriさんへは、2年程前「mainoa design展」が開催された時に、初めて訪れたショップ。mainoa design に所属する AIKA FELT WORKSさんのフェルトスリッパがお気に入りだったことが切っ掛けでした。

R0012747.jpg

オーナーさんとショップの雰囲気が絶妙なバランスの素敵なショップ。今回3組のデザイナーさんが揃い、フィンランドの食も並ぶイベントは、デザイナーさんと直接お話も出来る貴重なイベント。ショップに入りきらない程の人で活気に溢れていました。

約2年ぶりにも関わらず、Kirupputoriさんのオーナーさん、AIKA FELT WORKSさん共に覚えていて頂けお話することも出来ました。よかったよかった。

AIKA FELT WORKSさんのデザインは、シンプルな中にもオリジナリティ溢れ、何よりスリッパ、ナベ掴みなど、身につけた時のフィット感が男性にも違和感なく馴染む!見た目のデザインと機能美の両立なんですね。
また、前回お会いした時に、こんな感じのがあったら・・・とお話していたことが製品化に結びついていたなんて、本当にビックリ!!注文しないと!

さらに、ガラスデザイナーのRENATA JAKOWLEFFとの通訳までしていただき、本当に感謝です。ありがとうございました!
最後は身振り手振りで、直接コミュニケーションが取れたような取れないような・・。
ガラスのペーパーウェイト、観ればみるほど異なる表情が現れる素敵な作品でした。

SAANA JA OLLI さんとは、タイミングが会わず!?(英語がしゃべれないからかも)直接お話することは出来ませんでしたが、テキスタイルとポストカードの関連性、カタログの雰囲気、お二人の雰囲気がとても素敵でした。

イベントに来られていた方々とも、デザインや車の話などさせて頂き、とても楽しいひと時を過ごすことが出来ました。また来年も開催されるのでしょうか、今から楽しみです!

kirpputori:http://www.kirpputori.jp/
mainoa design:http://mainoa.exblog.jp/
AIKA FELT WORKS:http://aikafelt.exblog.jp/
RENATA JAKOWLEFF:http://www.renatajakowleff.com/
SAANA JA OLLI:http://www.saanajaolli.com/

HIRAMEKI Design×Finland
昨日は HIRAMEKI Design×Finland に行ってきました。
日本で行われる史上最大規模のフィンランドデザインのイベント。
ファッションからインテリアなど、暮らしの中で触れ使う幅広いプロダクツ展。
素材もクールな金属からナチュラルな天然木、ファブリックなど、どれも上質でセンス良いデザインはさすが北欧ですね。
そして、クールなプロダクツでも、可愛らしいモノでも、過激なインパクトや個性ではなく、繊細で美しく、さりげない佇まいが逆に存在感を助長し輝きを放っている。
良いデザインとは、こういうモノだとつくずく感じる。

基本フィンランド現地法人のスタッフ、メーカーがほとんどで、日本進出を視野に出展される企業が多く、言葉の壁からあまり深い話を伺うことは出来ませんでしたが、目で見て感じるだけで良い刺激になりました。

カーテンやテキスタルを扱うファブリックメーカー(ブランド)VALLIAさんでは、自社の生地を使った名刺入れをプレゼントしてくれます。ビジネス的なPRグッツとして配布されているのでしょうが、こういった商品は手触りや光によって表情が変化しますので、会場や店舗では気付かない素材、色彩を確かめることが出来ます。とくに心地よい触り心地は手に取って初めて感じるものだけに、貰う側にとっては非常にありがたいですね。

R0012745.jpg
R0012746.jpg 
VALLIAさんで頂いた、ファブリックの名刺入れ。WORLD DESIGN CAPITAL
HELSINKI 2012 のピンバッジ
 

今回はインテリア雑貨など、小物を中心に観たいと思っていましたが、出店企業が思っていたよりも少なかったのがやや残念。
最新フィンランドの才能ある企業やデザインを観れ非常に有意義な一日でした。

HIRAMEKI Design×Finland
オフィシャルサイト:http://www.hiramekidesign.jp/
アンテナ調整
先日より街中走行中でもアンテナが倒れてしまい、ラジオの感度が著しく低下。
全くといっていい程、ラジオはノイズだらけで聞けません。
この手のアンテナには恒例のネジの締め増しで任意の位置でアンテナを調整出来るようにします。

作業は至って簡単、ものの10分もあれば出来ちゃいます!
気をつける点は・・・作業前にアンテナ土台から先にアンテナを外しておきましょう。
ネジを外した際にアンテナが倒れてボディに傷をつけないように。

で、実際の作業はこんな感じです。

R0012741.jpgR0012739.jpgR0012737.jpg
ルームランプは下引き出すと外れます。アンテナを固定する10mmナットを外します。ネジを外したらアンテナが簡単に外れます。予めアンテナは土台から外しておきます。アンネナとボディの間のゴムの土台。ツメを折らないように気をつけます。
R0012732.jpgR0012736.jpg 
アンテナ土台を分離します。外カバー/本体/下のカバーに3分割されます。分離し本体のネジを締め付けて完了!あとは手順を逆に進んで元通り。 


ねっ、簡単でしょう!
まるでプラモデルのように誰にでも簡単に出来ちゃいます。きっと。

これで、実際の効果は・・・バッチリ感度良好!普通にラジオが聴けます!
ちょっとした事ですがプントを初めラテン車のオーナーさんの小さな悩み、ラジオの感度もこれだけで良好に。

可愛がると応えてくれるのが、ラテンのクルマ!だからペットみたいく愛着が湧くんですよね。
本日台風直撃で荒れてますが、プントくんは更に機嫌が良くなりました。
親ばかってどこかで誰かが言ってそうな・・・はっはっは。
クイックドライブ&温泉!?
今週はゆっくりドライブ&温泉に浸かろうと思っていんですが、今週末にやらなければ成らない事が!
延期するか迷った挙げく、昼12:00に出て、夕方5:30に帰宅のジェットコースター並の強行スケジュール!
やや疲れそうなクイックドライブ&温泉に!こんなの無謀なこと一人じゃなきゃ出来ないでしょう〜!

ひとまず東名横浜方面へ、途中シトロエン横浜があるので噂のDS3キャラバンツアーに遭遇するか楽しみにしてたんですが残念ながら・・・ショップにも集団はおらず。残念。

東名に乗っていつもなら途中SAで休憩しながら、目的地まで行く経路や時間を楽しんでるところですが、
今回はノンストップ!
ここでは書けませんが、本日プントくん最高速度更新・・ハリキリ過ぎ!?
このスピード域の反応もルノー5と全く違うんですね・・・一長一短、甲乙付けがたい、どちらも違った味がある、というか別物。イタリア車とフランス車、逆なんじゃないか!?!?と感じる場面も多々ある。勝手な先入観でしょうか。この2台は乗ればのるほど意外な顔を出す、個性は違えど似た者同士!?。だけど最大の長所は全くの正反対!!だから面白い!?

そんなこんなで東名御殿場インターに到着!
箱根方面へ、ここからは恒例の乙女峠〜芦ノ湖スカイライン〜十国峠まで、いろいろなパターンのワインディングロードが連なる。これが楽しいんです!小排気量のアンダー100ps車にとって、こんなに楽しいコースは他に知りません。(私の行動範囲内に限定)
とにかく猛烈に道幅が狭くタイトな乙女峠は対向車に注意しながらハイペースで走るのが醍醐味。まぁ〜せいぜい1〜2速全開弱の速度だけど・・。

R0012707.jpgR0012724.jpgR0012722.jpg
箱根の山から眺める富士山って結構好きかも。丁度真ん中だけ雲に隠れる富士山。相模湾を見下ろす絶景ポイント、雲が海に写り、まるで雲に挟まれているような光景。もうお分かり?芦ノ湖スカイライン、このアングル某車番組の試乗コースでおなじみ!?


芦ノ湖スカイラインは、アップダウンの連続する中速コーナーが中心で景色を観ながら某車番組並の気持ちよく流す走りが楽しめる。
芦ノ湖スカイライン出口〜十国峠までは、低中速コーナーでアップダウンは少なめ、意外と飛ばしてる車がセンターラインギリギリ/はみ出してくる、ここは道路枠の側溝にフタがないので独特の緊張感がある。

こんなバラエティな流れで、第一目的地の十国峠に到着。ここで少し遅めの昼食にお決まりの蕎麦を食べる。味は・・・気分は◎、食後名物(勝手に名物にしてる)ダンゴを食べようとするが、前回同様やってませんでした。残念!!
本当はゆっくり休憩したいところですが、時間が・・・延べ30分程で出発!

次の目的地は、箱根は宮ノ下付近の温泉!
以前行って、とっても良かったこの温泉ですが、前回発見出来ずに別の日帰り温泉に行ったので、今回はなんとしてもリベンジを誓う!途中、芦ノ湖湖畔/層雲山の前後で多少の渋滞に嵌るが比較的順調に目的地付近まで辿り着く。

さてさて、ここからが問題!?温泉名も忘れているので探すに探せない・・・そこで宮ノ下観光案内所に立寄、目的の温泉のことを話すと・・・あ〜〜あそこね〜、とあっさりと判明!
ただし、以前は男女別の露天風呂と内風呂だったのが、現在は露天風呂が一つと、内風呂一つ、日によって男女を割り振っているそうで、どちらが露天なのか行ってみないと解らないそう・・・。

R0012731.jpgここが探していた温泉、函嶺(かんれい)さん!
いよいよ到着!時間は15:30丁度良いかなと思い、ガラガラとドアを開け「お風呂大人一人」というと、男性は内風呂ですけど・・・ん〜〜仕方ない、ここまで来たのに〜、煮え切らない思いをこらえ浴室へ。入ってみると、窓全開で意外と開放感があって良い!目の前は木が生い茂り半露天感覚で浸かれるし、貸切状態。
ん〜、久しぶりの温泉はやっぱり最高!健康ランドの人工温泉とは訳がちがう!そりゃそうだろ〜って、景色も違えば人の数も違う、泉質は・・・温泉の香りが良い。
で、肝心の効能は・・・身体ホッテリ、肩こりは・・・効能不明、最近とくに酷かった喘息/呼吸は、なんとなく違うような・・・。


ここの温泉は、江戸時代に峠超えをしていた時代には旅の怪我を治す湯治場だったらしい、明治時代の建物のようで(そんな事を聞いたきが・・・)とっても雰囲気のある建築。知らない人には温泉施設だとは想像も付かないのではないでしょうか。その後、普通に病院?診療所?湯治場だったという事もあり効能は期待できるでしょう。そのような歴史ある温泉なので脱衣場と湯船しかなく、休みながら何度も浸かるには少々辛いですね。せめてベンチでもあれば有りがたいんですけど・・。

16:00頃には上がり、急いで帰宅することに。
帰りのルートは・・・小田原厚木道路が最短なのですが、函嶺(かんれい)さんから湯本まで渋滞が気になる・・遠回りになるが御殿場経由の方が早いかも・・・少し様子をみて決めるかと思い湯本方面へ走り出す・・・渋滞、場所柄Uターン不可・・・失敗。仕方ない、ここまで来たらここまま行くしかない。

この渋滞の原因は・・・路線バス、停車するたびに追い越しも出来ずに大名行列状態だ。
途中運良く停留所が本線から少し奥まっていた所で追い抜き成功!ここからは比較的順調。
東名に入るとノロノロ運転になるも、停車する程でもなく流れて横浜町田インターまで辿り着いた。
ふう〜、強行スケジュールも意外と疲れる・・・楽しいドライブだったし、温泉も見つかったし、良かったよかった。

こんな事してる場合かっ!
気分もスッキり(これが大きく影響する)した所で、明日の本作業に備え資料用のサンプル画像のスキャン準備開始。
ただいま、休憩中なり。
秋のドラマは訳あり!?
ここ数年あまりドラマを観なくなりましたが、秋の新番組はちょっと訳あり!?

今の職場で某脚本家のB様とお付合いがあり、私が担当でお仕事をさせて頂いているのですが、そのB様が手がけたドラマが本日(正確には昨日)よりオンエアー!
せっかくのご縁ですから帰宅し拝見。冒頭から湘南が舞台で某水族館も登場するなど、親近感が湧いてきます!

ストーリーは、予備知識無く観た方が良いかも・・・と伺っていましたので全く解らず。
恋愛ものと思われますがミステリーっぽいドロドロで何かが起きそうな奥深さを感じました。
意外とミステリー好きなので、次も観てみようと思います。

さて、今秋のクールはもう一本、某医療系のドラマです。
私自身が病気持ちなこともあり、この手のドラマや救急救命○○的な番組はついつい観てしまいます。
この番組はシーズン3になるのですが、シーズン1放送の頃・・・持病悪化で約7ヶ月半の間仕事も出来ず(フリーランスの個人事業主で死活問題・・・畳まざるを得なかった)、このまま悪化したら腸破裂で命に関わると言われ、入院、そして手術、うち4ヶ月は絶食生活を送っていた。
初めての手術は恐怖と同時に、これで苦痛から解放される希望が交差し緊張感が張りつめていた。

丁度その頃に放送開始した番組。ドラマとは言え、私自身に起きている状況と類似していたため、バーチャルな感覚が薄く、ドラマの中で手術が成功すると、同じく自分の手術も成功する!と勇気とパワーを貰っていました。
そんな経緯もあり、毎回欠かさず観ているドラマです。

最近ドラマはあまり観ずドキュメンタリーとかリアルな番組が多い。
この秋は久しぶりのドラマ掛け持ちになりそうです。

おっ、も〜こんな時間だ!さっさと寝よう。
横須賀美術館に行ってきました
今週末は、ぷらっと海にでもと思ってたんですが、海まで行くなら横須賀美術館に足を運んでみようと立ち寄ってみた。
もともと建築として(立地の方が特に)興味があったこと、向かいのホテル併設のスパにも興味があったり、三浦海岸ののんびりした空気感が最近お気に入りだったりと、いろいろな要素が結びつき本能の赴くままに向かった。こういう日は流れにまかせるのが一番良い。

R0012558.jpgR0012570.jpgR0012565.jpg
▲ポップアート展に行ってきました。場所は横須賀美術館。

▲美術館入り口の手前はカフェ&イタリアンレストラン。
美術館に入らなくても利用出来るように解放されています。
テラス席は手前の芝生部分も含めてとっても気持ち良さそうです。
R0012567.jpg◀通路の反対側はこんな感じ。こちらも落ち着いた感じで心地よい。
ベンチもあるので秋の読書に良いかも。
R0012553.jpg◀美術館入り口を入り、橋上の通路を抜けるとエントランス。そこで振り向くと・・・入り口の芝生の奥に海が見える! 


R0012550.jpgインフォメーションサイン。このシンプルさが良いんです!!
子供から大人、ご年配の方まで誰にでも解るグラフィックデザイン。シンプルなデザインほど、ヒューマンデザイン、ノーマライゼーションにも優れている!とっても、とっても良い見本です!!
でも良〜〜く見ると・・・電話デカすぎ!このありえない遊び心が◎。
最近、特に日本企業はなんでもかんでも装飾つけたがる・・やりゃいってもんじゃない!と声を大にして言いたい。そもそもインフォメーションの為のデザインは、目的や機能を伝えるための姿ある形であって、見栄えが主役じゃいんですから・・・。
※ノーマライゼーションとは、「どのような方にで平等に特別な意識をすることなく過ごせる社会実現」を具現化する考え方を指します。元々は福祉の世界で使われていた言葉ですが、近年では幅広い分野で使われ一般化しつつ有ります。


ポップアート展は、アンディーウォーホール、キースヘリング、バスキアなどなど、個人的には何度もみているので・・・と思いつつ。今回は、ケヴェン・アペルの「収納庫(青)」という作品にピッピッと来た。
ポップアートって何年ぶりだろ・・・歳が変われば見る目も変わる、好みも変わり感じる印象が異なるのでしょうか・・今のメンタル面も影響あるのかな。
ポップアート展の他に、所蔵品展も同時開催されていたので流れのまま入館する。
島田章三さんの作品、今の気分にとってもマッチし良かった!ラフなタッチと色彩が絶妙な雰囲気、力強さの中にある癒される心地よさ、とっても素敵です。

一通り見終わり、美術館屋上へ・・・実はここにずっ〜と来てみたかった!!

R0012527.jpgR00125082.jpgR0012516.jpg
▲エレベーターに乗ると・・なんと天井裏まで見せちゃってます!これもアートです!冗談抜きに建築の造形美です。優れたモノは表だけでなく裏側も美しい。▲エレベータを降り螺旋階段を上った先はこの中です。自分の家だったら・・・なんて想像しちゃいます。なぜかと言うと・・・次の写真へ▲別のアングルからの眺めは・・・絶景!岡の上の緑に囲まれたその先には海が広がっている!こんな所に住めたら毎日が隠居生活!?仕事なんて出来ないかも!?


とにかく、とっても素晴らしい!!


さてさて、ここはプントくんブログなので・・・流れをキープしつつブントくんのお話へ。
ちょっとヘッダーに付けるイメージ写真でも撮ってみようかなと、カメラでパチパチと。

ちょっと佇んでます。このアングル結構好きだったりして。
パッケージングの良さが見て解る一コマ。

R0012602.jpg

特別強いインパクト(最近のマ○ダ社とか)があるわけではありませんが、この纏まり感と細部に渡るディテールの良さは、無駄を排除し計算し尽くされた機能美です。派手だとかインパクトがあるのが良いと思われがちですが、本当に良いデザインってこういうモノなんです。

イタリアのデザイン繋がりで言えば・・・リチャード・サッパーの秀作Tizio(アルテミデ社の照明器具)は20年以上も愛され今だに評価の声は止まりませんよね〜。本当にデザインの良いモノって時代や世代に影響することなく受け継がれて行く・・・改めてそう思う。

良いと言われているから良いモノなのではなく、良いモノだから良いと言われているんです。
似てるようで意味が全く違いますよ本当に。
本当に良いモノ。自分にとってオンリーワンであるモノ。いつまでも所有し続けるって素敵なことだと思いませんか!?
そんなモノとの誰かが出会う途中のどこかに携われたら幸せだろうな・・叶える夢として成し遂げたい。

おっと、真面目なこと書いて話がそれたのでプントくんに戻るとして・・・
R0012642.jpgR0012689.jpgR0012679.jpg
本日のベストショットです!ダイナミッ〜ク!ちょ〜広角でパースが付いても(変形しても)デザイン負けしてません!でも隙はありませんみたいな・・・引き締まった おしり!テールライトの横顔が美しくて良いです。今日の雲は奇麗っすね〜〜と言ってそうな・・・この角度から見ると微笑んでるように見えるのは私だけ!?


写真のコメントがなんだか良く解からない・・・!?
いいんです、今日はデザインに関連する流れなので・・・クリエイティビィティ溢れる想像力ってことで・・・。
写真はド素人がコンパクトカメラで撮った割には良い雰囲気に!?


どうも職業柄なのか、ブログっぽっくないな〜、WEB??
それにしては中途半端だし・・・まっいっか、なんやかんや ブ ロ グ だし。

本日もすこぶる好調!がんばって走ってま〜す!