走れ!プント(くん)
プントの記録、そば打ち日記、気が付けば週5日そば生活
その他にも北欧デザインなど・・・
あんなこと、こんなこと・・・
気が向いた時、日曜更新が多いかな!?

Search
Calenda
<< January 2021 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
Tags
Archives
Syndicate
Admin
kugiri.gif
kugiri.gif
cafe.gif
kugiri.gif
Giulietta Soba kirpputori
Giulietta Soba kirpputori

この意味不明なタイトル・・・なんのこっちゃ!?

え〜とですね・・・こういうことです。

Giulietta Machine のライブに行って、美味しい蕎麦を食べて、北欧雑貨のkirpputoriさんへ

別に分けるか迷いましたが、ぜ〜〜ぶ纏めてしまいました。



え〜、もともとクルマ好きなもので「Giulietta」といえばアルファロメオの名車(旧)

そしてジャケにクルマのイラスト、妙に気になり視聴して数曲DLして気に入るという

奇妙な巡り合わせの「Giulietta Machine」。

ある日ベタ惚れのコメントにそそられ改めて他の曲や他のアルバムを聞いてみると

カッコ良くホッコリもし好きなジャンルのエッセンスが全部丸ごとバランス良く融合された

なんとも言えぬ絶妙なバランスがツボにはまり・・・・今ではかなりの大お気に入りである。



1ヶ月程前にライブ情報を聞きつけて、あ〜行きたいな〜〜でも月末最終日

ん〜〜この日は一番危険な日だ・・・うっっ・・

そして、なにやら別アレンジのバージョンとか・・かなり危険な誘惑情報もあり・・・

なんだかんだしてる間に、うちの奥さんも行きたいというなどモロモロ条件が整った!

これはも〜〜〜とくかく行くぞ!!

そうと決まれば素早く事前予約も済ませて行ってきました。



途中ハプニング!?演出!?ん!?!?と・・・なこともありましたが

通常アレンジの曲、アレンジの異なるバージョン、あ〜〜もう全部いいです!!

未公開曲もあって、これがまた絶妙に良過ぎてもう・・・どうしましょう〜〜!!

といって浮かれ過ぎずにシットリと落ち着いて聞かせてくれるのが「Giulietta Machine」の心地よさ。

そしてゲスト出演の実力派ミュージシャンが加わり更に高次元で完成された音楽を肌で感じた時間でした!!

どこか森の中や草原のような開放的なところで聞きたいな〜!!

いつか、そんな環境でライブを・・・・勝手な願望を抱いてしまうのだ。


Giulietta Machine スペシャルユニット良かった〜〜!!

次のライブも行きたいな〜、いまから楽しみだ!!



これまたモロモロありまして、本日は有給でお休みを取ってるので

とりあえず昼そばに行くことにする。

今日はクルマじゃないし、公共交通機関で移動となると・・・・

どこのお店がいいかな〜〜っと悩みつつ、こんなところを歩きながら・・・着きました。

IMG_2461.jpg

翁系のそばもいいなとリクエストもあり「しながわ翁」さんへ来てみました。

こちら田舎

IMG_2469.jpg

逞しい程の佇まいでしっかりとした食感、やや野性的な味と香りが広がる。

やはり翁の名の通り、突出した個性ではない洗練された印象がする。


こちらは普通ザル(せいろ)

IMG_2470.jpg

うっすら緑がかったフレッシュな佇まい

IMG_2471.jpg

ん〜なるほど、本家と比べると少し細めな印象ながら

引き継がれたフワっとしつつ適度に締まった印象は変わらずに

あ〜美味しいな〜。

汁も久しぶりにワインビネガーの風味を感じて、これまた気分を変えてか良いです。

本家より少しさっぱりしてるかな!?


一週間ぶりの「手打ちそば」あ〜やっぱり手打ちの美味しいそばに限るな〜〜!!



そして、うちの奥さんが品川から新幹線に乗る前に・・・

北欧雑貨の「kirpputori 」さんへ行ってきました。

なんだかとっても久しぶりで・・・オーナーさんに「2年ぶり!?位ですよね〜」と言われ

「そんなに経ってましたっけ〜〜」なんて和気あいあいホッコリと。

この空気感が北欧雑貨にぴったりで、心地よいお店でお勧めですよ〜

そして予想外に!?そば話でかなり盛り上がってしまったのだ!

北欧好きな人にそば好きさんが多いのかな!?どこか通じるものが・・・そんな気が・・・

久しぶりにお伺いしたかったのもあるのだが、ちょっと気になるモノがありまして

1つは「モコモコの羊さん」残念ながら希望のグレーが欠品なので

別の色にしようか迷いつつ・・・・グレーが入荷したら連絡を下さることに。

え??どんな姿かって??あの愛嬌あるお姿は・・・説明が難しいな・・


そして、もう1つのコレ

IMG_2480.jpg

ダーラナホースのブックマーク!!

実はこちら無垢材もあると思ってたのですが、なんとなんとゴールドでした。

ということで、グリーンのこちらをチョイスして購入しました。

いいでしょ〜、どんなに難しい本でもホッコリしてしまいそうだと思いませんか?

きっとリラックス効果もあるので、難しい本こそ読解効率も上がり吸収できる!?

お気に入りです。


そして、キノコのポスターまで頂いてしまいました!

IMG_2479.jpg

なんだかクラシックな良い感じですよ〜〜

Sさん、ありがとうございました!!



あ〜なんだか昨夜より、やたらに充実した楽しい時間を過ごせました〜〜!


きょうのそば
先日、久しぶりに丸抜きを使ったら、ん??

味も香りもどこかに・・・・一度開けて時間が経つとダメなのだ・・・

新蕎麦の時期だし、この際すべて使い切ってしまおう!!

marunuki.jpg

丸抜きって・・・なんだか愛嬌があって可愛いと思いません??

こういうこと言うと変態だと思われるのだが・・・(爆笑



「会津のかおり」「常陸秋そば」「牡丹」ぜ〜〜んぶ纏めて780gをミルサー製粉

40メッシュの振るいなどを使って分別してます。

せいふんご.jpg

出来上がりは・・・そば粉に使ったのが重量にして1/3程(ミルサーの発熱でここまで)

こな.jpg

残り2/3は・・・・

1/3が粗い欠片!?本当はコレをもう一度ミルサーにかけたいのだが・・

はへん.jpg

2/3は3〜4番粉に末粉相当に甘皮!?

これを更にミルサーにかけると茶色い粉になります。

あまかわ.jpg

そば粉(打つよう)に2割の繋ぎ粉と、甘皮、破片を混ぜて

トータル400gで少し太めに打ってみた。

ここまでで、ざっと2時間経過・・・粉作りは大変。



後片付けをある程度して、鍋を火に掛けて・・・30分程

ここから煮立つまでが結構長くてながくて・・・あ〜早くしてくれ〜〜

なんやかんやと茹で上がりました!

なんとなく粗挽きを普通粉が覆っているような、表面はそれほど粗くない麺体です。

ぜんけい.jpg

拡大するとこんな感じに

めん.jpg

破片も多くワイルドな感じなのですが

食感は二八のようで、味は粗挽きのような印象。

もう少し細くても良かったかな・・・・



鮮度の良い「丸抜き」だと凄〜〜〜く美味しいんですよ〜〜

この感じ最近お気に入りなんです。



さ〜あすは「常陸秋そば」十割にしようかな〜


改めて自分のブログをみると・・・
なんだかまあ〜〜〜適当過ぎて恥ずかしい。



類似カテゴリが多過ぎたり、文章メチャクチャだったり・・・。

ちょっと内容整理しようかな・・・

ひとまず、そば打ち関係は今後「蕎麦打ち」カテに

食べに行ったお店は「蕎麦屋」

その他、そば関係は「蕎麦」にしたいと思います。



で、意外とお蕎麦屋さんのレポ書いてないな・・・・

頭に残すのと書くのとは大違いだ。



いろいろ見直ししないと・・・ボソボソ。

手打ちそば くりはら
あ〜最近なんだか疲れてるな〜

山か海かボケ〜〜としたい、そうだ箱根の山頂でぼけ〜〜っとしよう!と昼に家を出る。

箱根に行くなら途中の秦野にある、ず〜〜っと気になっていた

「手打ちそば くりはら」に立ち寄ってみよう。

1.jpg

看板のある駐車場にプント号を停めて、少し奥にあるお店に向かう

この和の風情漂う敷地を歩いているだけで、なんとも言えぬ心地よさがある。

お店に着くと既に10数人の先客が、これは結構待つな〜〜

都心のお店なら、きっと途中でギブアップしてしまいそうだが

この庭を眺め、ベンチに座りボケ〜っとしているだけで

とても心地よく待っていることなど忘れてしまうのだ。

そんな気持ちにさせる「くりはら」の世界観がここにはある。

店内の待ち合いスペース脇では、ご主人が追い打ち?をしていたり・・

2.jpg

額縁にこんな立派な心得があったり、写真はないが陶器の器が展示販売されていたり

いろいろな見所もあるのだ。



順番が来て席について、さ〜〜何にしようかな〜〜

7.jpg

ん〜〜十割と手引き粗挽きかな・・・・鴨せいろもいいな〜〜

花番さんに「今日は手引きの粗挽きはありますか?」と聞くと

すみません・・・・もう終わってしまいまして・・・

あらら残念・・・・ということで「鴨せいろ」をお願いする。



注文を済ませて・・・目の前に目を向けると・・・

9.jpg

とか

6.jpg

接客もとても丁寧で感じが良く、店内の風景もなんとも言えぬ奥ゆかしさ、本当に心地よい

あ〜いいな〜〜この空間



さ〜〜きました!!

10.jpg

あ〜この空間に、この「おそば」なんだか美し過ぎてうっとりしてしまう。

11.jpg

十割らしい濃厚な色味の麺肌には星も適度に散っていて美味しそう!

地元、秦野産の新蕎麦とのこと。

こちら鴨汁、大きな鴨肉も大きくたっぷり入っている。

濃厚で美味しいな〜〜〜あっ・・・ということは・・・

うっうっ・・・普通の「辛つゆ」で食べられないんだ・・いま頃、気が付く・・・・笑

12.jpg

一口おそばだけで頂くと・・・うっお〜〜

なんとも濃厚な風味が口の中を包み込む、あ〜〜素晴らしいな〜〜

食感も適度なもちっと感と適度に引き締まっていて美味しい〜。

でも、この鴨汁は濃厚でとっても美味しいのだが

お蕎麦を浸けて食べると・・・・お蕎麦の濃厚な風味が消えてしまう・・・

なんとも悩ましい・・・

結局、そばだけ、そばだけ、汁つけ、この順番を繰り返して頂いた。

13.jpg

最後に「そば湯」が・・・すると、そば猪口あった方が良いですよね?お汁も・・・

なんとも親切で気の利いた、ありがたいお言葉が・・・あ〜嬉しいな〜

そば湯を頂くと程良い絶妙な味わい、器も良い雰囲気を醸し出しているではないか

これがですね〜、見た目もさることながら注ぐ時も絶妙なバランスで使い心地が良いのです。



はふ〜〜あ〜〜なんでしょうこの充実感は!

外観も中も接客も・・・全てが素晴らし過ぎてメロメロです。

美味しい、とか、満足感は料理だけでなく空間全てで味わうものだと改めて実感したのである



ある方が「くりはらに帰りたい」という名言を言われていたのだが

「くりはらに住みたい」と思ってしまうのである。



予想外の充実感で・・・・

箱根でボケ〜〜っとするつもりだったが、見事なまでに、マったりしきってしまった

この余韻のまま自宅へと帰路へ経つ。



羅臼昆布
ようやく羅臼昆布が届きました。

いままで使っていた大間産の昆布とどれだけ違うんだろうか・・・

しっかりした味わいに濃厚なコク、利尻昆布より格段に「そば汁」と相性が良いらしい。

1.jpg
そして値段も利尻昆布の2〜3倍、いま使ってる大間産の10倍という、
とてつもなく高価な昆布!

それが、なんとなんと規格品に大きさを整える際にでる切れ端など(それでも5cm角はある)

ある程度整ってるモノだけ集めてパッケージし通常問屋価格の1/2〜1/3の大特価を入手。



さ〜さっそく一晩水だしをして本枯れ節で出汁をとってみました。

今回は従来通の分量比率で適正比較できるようにする。

2.jpg

昆布の味と風味は、これまでの3倍濃縮といっても良いほど濃厚でコク深い!!!

おおっ〜〜凄い!これほどまでに違うとは!

おそるべし羅臼昆布!

と、ここで・・・・昆布が強過ぎてバランスが崩れないか・・・・不安がよぎる。

配分を変えると性格に比較出来ないので続行。

返しとあわせ「辛つゆ」まで仕上げる・・・・。



なんだかんだと、そばを打ち、いよいよ試食です。

5.jpg

ちなみに、このセット(お盆は除く)は今後食べ比べ会などで使う組み合わせです。



つゆの印象は・・・・ハッキリいってしまうと大失敗!!

途中で感じた「嫌な予感」が的中!!!

昆布出汁は温かいとシブミがほとんど出ないのだが

冷やすと、ここぞとばかりに主張してくる!

そんなこともあり、昆布の旨味も強いが負けず劣らずシブミも強過ぎる。

従来の「水」「昆布」「本枯れ節」比率を変更しないと。

ん〜〜難しいな・・・水に対して0.5%配分を変えるだけでも相当な変化がある。

「辛つゆ」は奥が深いし難しい・・・次回は-0.2%で調整しよう。

それだけで落ち着くのかいなか・・・・

10ヶ月試行錯誤してるが、何かを1つ変更するガラっとバランスが壊れる。

その都度、何度も配分調整・・・安定するまで、ひたすら調整しながら数週間。

いまだ納得するには程遠いが・・・確実に良いバランスには成って来てる!

失敗から学ぶことが多い、まだまだ先は長いな〜〜。



本日のそば、23年度の茨城産の平打ちでした。

6.jpg

あ〜〜、やっぱり「常陸秋そば」は美味しいな〜〜〜

7.jpg

この濃厚な風味と味わいは美味し過ぎる!!

北海道はもちろん、新潟、会津、も個性派でそれぞれ美味しい

いろいろ浮気しても、やっぱり好きだな〜、常陸秋そば。



いろいろ準備中なのだが・・・
そば食べ比べ会をしようと思ってますが

なかなか「そば」に適した場所がみつからず・・・

なにが適してないのかって??

水回りのキャパと火の容量が・・・小さいんです。

大きな鍋が使えないので、茹で上がりを考え10人前を茹でようとすると・・・・

最大で一度に2人分、最低でも5回は茹でることになるのだが

食べ比べとなると3〜4種類打って、個別に茹でなければならない。



一度の茹には、茹で時間、そば漱ぎ、冷水締め、水切り・・・盛りつけまですると

最低10分程度は見ておきたい、これを5回となると1時間×種類

茹でを×2にしても、茹で以降が同時に出来ない・・・

この設備的制限は、どこも同じなのだ・・・

ん〜〜合理的に上手く回す方法はないものか・・・

誰かに手伝って貰え??それじゃ味も食感も管理出来ない・・・

少なくとも盛りつけは手伝ってもらっても差し支えないが・・・

そばは、そこまで繊細なのだ!

自分のそばを食べたいという人に対し、自分でやらねば意味が無くなる・・・



器の方は、笊を10セット、そば猪口、箸、などは今週中に揃う

そば粉、汁についても、メドは付いてる。



あとは場所だ・・・・

あと、腕もか!!



そろそろ、ちゃんと場所と日程を詰めないとイカンな・・・

本日は、ちょっとボヤいてます・・

お昼にそばを食べたくなったら
いくら「そば」が食べたいといっても、週5で食べていると悩ましいこともある。

自分で打つならともかく、日々のランチとなると考え深い。

あ〜美味しい手打ちそばが食べたい〜〜!

と思っても毎昼食代1,000円なんて、給料日前の金欠時には無理な話だ。


いまは、手作り弁当とか500円ランチとか・・・贅沢なことなど言ってられない時代

そこで先日たまたま発見した、会社からも程近い立ち食いそば屋「ゆで太郎」に行ってみた。

え〜〜っと言われそうだが、なんと「冷やしタヌキ」が450円!

ちなみに「もりそば」が、なんと260円!!!

1.jpg

ご覧の通りショボくもなく、普通の機械打ちの蕎麦屋さんと遜色無い内容。

これで450円なんて嬉しすぎる!

写真.jpg

このお店は立ち食いでありがちな、半茹でを温めるだけなんてチンケなことなどせず

なんとなんと注文してから、ちゃんとした正真正銘の「そば釜」で茹でてくれるのだ!


そりゃ〜手打ちじゃないし、立ち食いなので期待はしないのだが

さっそく食べてみると、ツルっとシャキッと、冷やしタヌキにピッタリ!

蕎麦の味、香りは限りなく薄いのだが、ほんのり蕎麦の甘みが口の中を広がる

更級だと思って食べると意外とイケる感じがしてくる!!


これがですね〜、普通の機械打ちのお店と比べても遜色無いレベル

会社のビルの下に機械打ちの蕎麦屋さんが2件あるのだが

この2件よりも美味しいかも!?と思わせるレベルなのだ。

そして薄〜〜いけど、そば湯まで付いてくる!!!


これはこれで、なかなか良い!!凄いぞ立ち食いそば!!


プント号の不具合解消
久しぶりにプントネタです(笑

え〜とくに目立った不具合ではないのですが・・・・

お決まりの樹脂レンズの曇りが気になっていたので、磨きました!


磨き前はこんな感じ

1.jpg

まず大きな曇りをピカールでザット落します

2.jpg

ヘッドライトに、まんべんなく塗りまして・・・

3.jpg

ワックスマシーンでグワ〜〜〜〜〜っと

4.jpg

5分程度で一気に見違えるように奇麗になりました!

5.jpg

さらに、0.1ミクロンのコンパウンド/つや出しを使って磨きま〜〜す。

6.jpg

どうですか?映り込みも鮮明になり、透明感も増しました。

7.jpg

そして、最後に洗剤で洗って、水洗いをして・・・・

9.jpg

左右やっても40分程度で、この変化です!

まるで新車のように輝いてます!!!

あ〜〜気持ちいいな〜!



え〜〜途中で気が付いたのですが、ライトを固定してるネジが緩んでました。

それも左右そろって、なんで???こんなとこ緩むか!?!?

10.jpg

ということで、締め増ししておきます。

11.jpg

一通り他のところもチェックして・・・問題無し。

とにもかくにも墜落したら大変なので、早く気が付いて良かったよかった。



そして、もう1つ気になっているところが・・・・

最近ウーハーの調子が悪く・・・急に音が出なく成ったり出たり・・・・

出るなら出る、出ないなら出ないでハッキリしてれば良いのだが

突然消えたり、出たりする嫌なパターンである。

ということで、こちらも点検修理しないと!


原因はココです!

過去にも同様の症状が出たので直ぐに発見!

アース線を止めてるネジが緩んでました。

12.jpg

ということで、シッカリと締めまします。

13.jpg

約30秒であっと言う間に復活!

これクルマ屋さんに行ったら幾ら取られるんだろう・・・・5千円とか一万円とか!?


ひとまず、これでプント号の気になるところは解決。

ついでにインジェクタークリーナーも入れたのでフケが滑らかで気持ち良いです!

あとは・・・ブレーキパッドそろそろかな〜〜



クルマ繋がりで・・・・カムイ鈴鹿で表彰台やったね!!

次は真ん中だ!!



新そば3連休で打ち比べ
今年の北海道(キタワセ)新そば、ようやく小売りで解禁されました〜!

まずは、柿沼製粉さんの「せいろ粉」を注文してみました。

1-1.jpg

茨城の製粉屋さんなので本来は「常陸秋そば」をメインで注文しているのですが

粉の質感が好みなので頼んでみました。

さ〜三連休だ!三日連続そばが打てる!

ふっふっふ。



初日は・・・まずは正当派で二八(内二八)で打ってみた。

1-2.jpg

いつもとは違ってトレイに配膳してみました(笑

1-3.jpg

ん〜〜美味しい!

さわやか香りと味、甘みも利いていて、とってもフレッシュです。

内二八なので、程よくモチっとツルっと、なかなか良い感じです。

あ〜純粋なキタワセの二八は美味しいな〜〜!



そして二日目は十割で打ってみましたよ〜

2-1.jpg

気分を変えて「平打ち」で繋ぎ無しなので、色が濃く見えますね〜

2-2.jpg

これはですね〜、しっかりとした味わいと香りが口の中を広がります。
濃厚です、美味しいです、甘みもあります。

昨日と比べ繋ぎ粉なしなので、食感はバシッとして弾力は少なめ、打ち方で大分印象が変る。

そして、味も香りも濃い十割は穀物らしいクセも感じられる

なぜか旨味は二八の方が感じるんですよね〜、あ〜面白いな〜そば。



そして雨が止んで・・・ベランダで・・・・

2-3.jpg

もう耐えきれないのか「散歩連れてけ!!!」と言わんばかりの

恐ろしい目つきで脅迫してくるビ(犬)

可哀想なので、散歩に連れて行くと・・・小山の公園横に

あ〜〜奇麗な花だ〜〜、たまにこうやって花を眺めるのも良いもんだな〜



さてさて三日目はですね〜〜

普通粉で買っているので・・・・ネタが・・・・

先週、自家製粉して残った甘皮と破片を入れてみよう!

このままだと粗いので、もう一度ミルサーで細かくして・・・内二八で打ってみます。

3-1.jpg

できました!思ったほど粗くないし星も少ないな・・・

3-2.jpg

よ〜〜く麺肌をみると、やっぱり破片部分が入っているのでマダラに見えます。

初日の二八と比べると、食感はもちろん噛み締めると大分違いますね〜

そして、噛めば噛む程いろいろな味が出て来るのだ。

これは美味しくて食べいても楽しいな〜〜

普通のお店ではあまり出てこないタイプなので尚更ですね〜!

でも、なぜか味が一番薄く感じたのは・・・・。



そして「おまけ」はコレ

濃厚なポタージュ「そば湯」ですよ〜

3-3.jpg

そば切りで余った(下手だから)切れっぱしを細かくして、そば湯に入れると

こんなに濃厚でトロ〜〜〜んとしたポタージュ風そば湯になるのだ!

これが本当に美味しい〜〜〜!

こんなのはお店ではマズ味わえないよ〜〜!



そして最後に・・・

道具の皆さん、三日間お疲れさまでした!

4-1.jpg

ウォールナットオイルで、しっかりとお手入します!

4-2.jpg

すっきりしたところで、ゆっくりと休んでくださいな(笑



大失敗!?×2??
え〜っと、前にも出した!?

じゃじゃ〜〜ん!これが我が家の蕎麦打ち場で〜〜す!

2.jpg

毎回テーブルを組み立てて、いろいろな道具をセットして・・・結構大変なんです・・・

のし板は、小さ過ぎて歪んでいるので、このテーブルを「のし台」にしてます(苦笑

のし棒は桜の750mm×30mm、巻き棒はヒバとホウ材の900mmの28mmと30mm

ヒバの方は28mmで「のし棒」としても使っています。

なんだか中途半端な組み合わせ・・・いずれヒバを「のし棒」にします。

包丁は330mmの青紙で、コマ板は先日新調した300mm×330mm・・・デカ過ぎた!

切り板は、キリでW900mm×350mm、こね鉢は外寸480mmです。

と、こんな環境で打ってま〜〜す!



さてさて、先週は製粉屋さんに新蕎麦の状況を伺ったりしておりまして

北海道は、そろそろ出て来てますが、茨城などは11月下旬とのこと。

とりあえず、北海道だけでも頼むかな・・・・

ということで、今週もミルサー製粉で粉を作ります。

今回も、牡丹、常陸秋そば、会津のかおり、の3種ブレンドで・・・

1.jpg

こんな感じになりました!なかなか普通っぽいでしょ??

これに甘皮をいれて・・・・なにを血迷ったか破片(丸抜き1/2程度)も入れて・・・・

(ミルサー発熱で破片のまま停止)

これが後々大変なことになるのだ・・・・・



外二八で繋を入れて、さ〜〜打ちますよ〜〜!

この鉢に粉を入れ、45%加水して・・・・

普通に水回しを・・・・・あれれれれ

ザッラザッラだ!!!!!

やってしまった!!こういう粉(破片で粗挽き状に)のときは、

粗挽き/10割同様しっかりグルテン出さないと繋がらないのだ!!

まっまっマズイ・・・・・打ち初めて直ぐに危険な気配プンプン

練ってるとチクチクして痛いし、馴染まない・・・・

といってる間に少し乾きだしてきた・・・・いよいよマズイぞこれは!

多少、手に水を付けて・・・・強引にしっとりさせて・・・・



のしに入ります・・・急げ〜〜〜〜!

一気に伸して、そこそこの大きさにするが・・・・・ヒビが・・・・

当然、破片(丸抜き1/2程度)の淵も開いてくる・・・・

もう畳んじまえ〜〜〜!

と無理矢理畳んで切って・・・・・茹で上がりました(笑

3.jpg

いつも以上に太さが揃ってないし・・・

ザックザックのジャリジャリっぽいスーパー粗挽きさんの姿です(苦笑

見た目に反して食べるともっちっとしてます

4.jpg

アップで見ると・・・こんな感じ。

なんとなく美味しそうにも見える!?

でもですね〜〜〜なにより短い・・・・んです。


味はOK 香りもOK 食感最悪(笑

でもね〜自分で作った「そば」これはこれで可愛いもんなです(笑

たまには、こんな日もあるさ・・・・次週リベンジするぞ!



さてさて、こんな大失敗で、切りカスも多いので・・・・

これを水で溶いてミルフィーユ状のクレープにでもするか〜〜!

と失敗から新たな試みをするのだが・・・・

既にお判りの方は鋭い!

そうなんです、繋粉が入ってるので・・・膨らむんですよ〜〜!

薄く伸ばして畳むも・・・・無惨に・・・・くっついて・・・

6.jpg

こりゃ〜玉焼きではないか!!!!

もう笑うしかありません・・・

こうなったら、ゆるめのホイップクリームとアンコで食っちまえ〜〜!



食べてみると・・・・うっうっ美味しい〜〜〜〜!

これ美味しいです!なかなか侮れません!

加熱して、そばの味風味は薄くなってますが、甘みがふわ〜〜〜〜〜っと!

これがですね〜、新たな「そば」の味を発見!という感じで

無糖ホイップクリームとも合うんです!

表面カリッと、中身モチっと、フワっと

「玉焼き」ならぬ「そば焼き」!



失敗から学ぶとは、こういうことだ!

無理矢理!?納得して・・・・・



最後に、先日岡山から届いた「ぶどう」さん

ピオーネ、マスカット・・・・などなど、お高い「ぶどう」さん達

これを贅沢に食べまくって、スムージーまで作ってしまいました!

10.jpg

これがですね〜〜〜恐ろしくフレッシュで甘くて美味しいすぎる!!!!
ごちそうさまでした!!!



では、また来週〜〜〜!