Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /home/users/0/chicappa.jp-vigomise/web/punto/class/View.php on line 25

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /home/users/0/chicappa.jp-vigomise/web/punto/class/View.php on line 30

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/users/0/chicappa.jp-vigomise/web/punto/class/View.php:25) in /home/users/0/chicappa.jp-vigomise/web/punto/class/View.php on line 81
Corra! PUNTO | フィアットプント | そば打ち日記 | ::永井電子のブループラグコード

        

走れ!プント(くん)
プントの記録、そば打ち日記、気が付けば週5日そば生活
その他にも北欧デザインなど・・・
あんなこと、こんなこと・・・
気が向いた時、日曜更新が多いかな!?

Search
Calenda
<< November 2022 >>
SunMonTueWedThuFriSat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930
Tags
Archives
Syndicate
Admin
kugiri.gif
kugiri.gif
cafe.gif
kugiri.gif
永井電子のブループラグコード
プントの鬼門でもあるプラグコードですが、どのタイミングで交換するか・・・
そんな事を考えていた時、ネットで安く売っているじゃないですか!
定価で21,800円が、なんと14,800円!!思わず注文してしまいました!
アウトレー○さん、注文出来なくてゴメンね・・・。

最近、プントに思わぬ投資をしてしまっている・・・ちょっとヤバイ!?。
今回はと言うと・・・前オーナーさんが手放す直前(約14,900キロ)でプラグコードとプラグ交換をしていたんです。
もったいないと思う気持ちが交換するかどうか悩み所でした。

でも、この先ずっと付き合う相棒ですからしっかりと整え、プントくんも調子良く、持ち主も安心して乗るために結構!

元々サンクも購入当初にいろいろと手を掛けて20万キロ走破しましたので、今回も同じ道を歩んでいますね。

さてさて、上記の通りプラグも交換サイクルに満たないのでプラグコードのみの交換です。
以前サンクの頃に交換した際も特に不具合があった訳でもなく、好奇心で交換した経緯は今回と同様、当時は何が変わったの???なんとなくレスポンスUPしたような・・・。
ですが、20万キロ(走行45,000キロで交換)までノントラブル無交換で走りきりましたので、今回も同様の耐久性を期待。


R0012484_2.jpgR0012482_2.jpgR0012486_2.jpg
交換後はこんな感じで見栄えが変わった。わかります?太いブルーのコード!そして、取り付け最終段階は鬼門のバンド・・・



ご覧の通りです。
このバンドなかなか上手く嵌らない・・思いきって水道用のバンドに交換。
これで今後の手間も軽減される。


前置きが長くなりましたが交換して効果の程は!?!?
1)アクセルレスポンス向上(エンジンがスムーズに回るように)
2)アイドリングの安定(通常走行レベルの水温時)
3)2500回転付近で隠り感が減少

まず1)家を出て二つある路地をいつも通りアクセルを踏んでいるのになぜかいつも以上にスピードが出てる!(通常2000回転程度のところ2600回転も回ってた)
アクセルの踏み方もいつもと同じなのに反応が良すぎで、おっおっ〜とシッカリブレーキを踏み込んだ。明らかにレスポンス向上が見られる。
そして2)信号停止時のアイドリングが安定したのか振動(ハンドルで感じる)軽減。
あれっっていう感じですかね。
3)少し加速気味にスタートすると2500回転キープで50キロあたりまで速度がのるのですが、この時に感じる隠るような音、燃焼しきってないような感覚が半減された。
初走行で意識していたのですが、2700までレスポンス良く回ってしまったので、次の信号発進時に意識して回転を合わせると上記の症状が多少改善されていた。大分気持ちが良くなった。

アーシング → トルクアップとアクセルの踏み込みに対しリニア(繊細)に反応
プラグコード → アクセルオン時のレスポンスアップとフケ上がりのスムーズさが向上

私の勝手な主観では、アーシングはトルク側の効果が強く、プラグコードはパワー/ピックアップに効果があった。この2つの特性が異なるが故に、双方の相乗効果でバランス良く底上げされたような印象を受けました。

こんな事までやっておきながらパワーアップとかチューニングには興味ありません!フィーリング重視です!
とにかく、とにかく、滑らかで心地よいフィーリングに100点満点!!
これでプントくんの潜在能力出し切った!?

本日は天候が悪く雨が降り止まない一日でしたので、改めて高速などの走行を試したいと思います。

プントくん、ただいま絶好調!!